読書感想文:ファクトフルネス(factfullness)第3章直線本能

はい、続きです。間を開けようと思いましたが時間があったので、すぐ続きが読めました。ここでは、「直線本能」という「グラフの延長線は『直線』になると直感的に思ってしまう」ことについて書かれています。

車やボールが0.5秒後どこにあるかを直感的に予想できるように、グラフの延長線の先を想像してしまうのだそうです。

本書では人口爆発のグラフ↓を題材にしてますが、これをみると人口はこのまま無限に増え続けると思ってしまいがちですが、最新研究での予想は違います。(詳しくは読んでね。)

「人口爆発」の画像検索結果

ある時を境に横ばいになり、一定数で安定すると予想されているそうですが、ニュースや雑誌でこのグラフを見ると「大変だ!食糧問題が起きる!!!」と慌ててしまうのが大多数の人とのことです。

ですが、現実の様子を表すほとんどの事象で直線で説明できるものはほとんどなく、S字カーブやらくだのコブのような曲線を倍々で増える曲線など様々な曲線で表現されることのほうが多いのだそうです。

そのため直感的に反応するのではなく、影響する要素をもれなく思考に組み入れて熟考してから判断をするべきだ。と伝えています。

人口爆発についての彼の前にシェアしたTEDトークとまた別のアプローチで表現されたものもあるので、よければご覧くだされ。

私の感想より買って読むほうが早いのでコチラからどうぞ。

著者サイトの該当ページ:https://www.gapminder.org/factfulness/straightline/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です